Node 8001 各部の名称と機能



@ ストロボパターンディスク
A 内臓マイク
B CAL ボリューム(本器を校正するための調整ボリュームです。)
C セレクタースイッチ(標準ピッチを切り替えます。)
D セントダイヤル(微調節ダイヤル)
E フラッシングスイッチ(LEDランプの点滅を切り替えます。ストロボパターンが不鮮明な場合、より鮮明な方に
   スイッチを切り替えてください。)
F モードスイッチ(測定、MEAS ・ 校正、CAL)を切り替えます。
G 外部マイク入力端子(600Ω程度のローインピーダンス・マイクをお勧めします。)
H ハンドル
I スタンド


操作方法

先ず校正を行い、基準ピッチを設定します。
ツマミCによる切り替え周波数は435, 436, 437, 438, 439, 440, 441, 442, 443, 444, 445の11種類です。

基準ピッチを A=442Hzに校正する場合

1 モードスイッチFをCALに切り替える。
2..フラッシングスイッチEをRECTに切り替える。
3.セントダイヤル(微調節ダイヤル)Dの赤い矢印を0に合わせる。
4.セレクタースイッチCで442を選択する。
5. CAL ボリュームBを回してA のストロボパターンを静止させる。
6.モードスイッチFをMEASに切り替える。

以上の操作で校正が終了します。
校正が終わったら CAL ボリュームBは動かさないでください。動かした場合、再度校正することが必要です。

校正後、セントダイヤルの赤い矢印が0 を指していることを確認してチューニングをスタートして下さい。