30数年間多くの皆様にご愛用頂いてるノード7050Dが幾つかの改良を経て 新たにモデル8001として生まれ変わりました。
7050D
同様高品質で、ノード独自の高精度な機能をもつ12軸ストロボチューナーです。

- 好評発売中 -

 Perfect and Speedy
New Professional Model
ノード・クロマティック・ストロボチューナー 8001

上の画像は電源 off で、全てのパターンディスク(12個、扇形のC〜B)が停止している状態です。
電源を
on にするとバックライト(LED)が点灯し、全てのパターンが回転し始めます。 
そして、本器に向かって音を出すと、その音に該当するパターンが即座に反応します


30数年来のニューモデル

本方式のストロボ はアメリカの C.G.CONN社の画期的な考案に依るもので、ノード・ストロボチューナーはCONN社の基本思想を踏襲したものです。
ニューモデル 8001はそれから30数
年間、国内外の楽器メーカーは勿論のこと、正確・精密でスピーディーな測定機能をもつ高精度チューナーとして、
多く のバンドディレクター、吹奏楽団、そしてオーケストラのメンバーに高く 評価され、愛用されてきた
プロフェッショナル・モデル 7050D の改良機種です。
操作が簡単で、実に分かりやすく、使い易いチューナーです。主な改良点は下記の通りです。

7050D → 8001

* ギアー・ボックスの改良により、回転音が静かになりました。
* 共通電源
AC100V-240Vにより、本体の仕様を変更することなく、世界各国で使用できます。(海外への演奏旅行等)
* 外部マイク用ジャックが全面パネルの右下に(外部マイクを使用する場合、ローインピーダンス、約
600Ωのマイクをお勧め致します。)
* 軽量化され、コンパクトになりました。
* 取っ手、スタンド付 

7050D (旧モデル)

ノード ストロボチューナーは早く、簡単に、そして正確にチューニングができます。実際に使ってみると、その良さが直ぐに分かります。
(正確でスピーディー)
(精度 - A:0.00%, B:0.01%, 他音:0.04%以内)


ストロボパターンと音階

ピアノの白鍵、黒健と同じ配列の扇形窓が正面に並んでいます(上段に5個、下段に7個)。本器の前で、例えば楽器のAの音を出すと扇形窓 (A) に
下図のようなストロボパターンが現れます。パターンは常に回転しています。その音のピッチ(
振動数)が正しければ、ストロボパターンは止まったよう
にみえ(ストロボ現象)、ピッチ(
振動数)が低いとパターンは左に動き、逆に高いと右に動きます。速度が速い程、狂い(誤差)は大きくなります。

(そのピッチ・エラーは
微調節ダイヤルで測定できます。)パターンが止まるように楽器をチューニングします。その間、どの音に切り替えても機械には
手を触れる必要はありません。 どの音にも即座に反応します。測定範囲は7オクターブ(C4〜B87)です。

ユニークな機能として、マイクに向かって複数の異なった音を同時に鳴らした場合、それぞれのストロボパターンが同時に反応します。
更にそれぞれのストロボパターンは基音と倍音を同時に表示します。

オクターブと楽譜との対応図

外形寸法:393(W) x 130(H) x 198(D) mm
重さ:約 5.8kg 
測定ピッチ:
435~445Hz、415Hz、
ストロボパターン
(7オクターブ)
(上下、7段の黒白の縞模様

正しいピッチでディスクの
回転が止まったようにみえ

 
てる状態です。

上図の扇形のストロボパターンの上下7段の最上段と最下段との間隔が7オクターブです。
音が合う (Just in tune)と 該当する箇所(段、倍音含む。)が
右上図
のように横に黒く
鮮明に静止して見えます。(速くて、見易く、そして正確です。)12個とも同じ模様です。


ストロボ現象

扇形窓の内側にはトータル 12 個のストロボパターン・ディスクが配置され、その内側にはそれぞれ発光ダイオードが設けられており、楽器の音が
マイクから入ると、その音の振動数に合わせて発光ダイオードが点滅するようになっています。 つまり、回転するパターンディスクを音の振動数に
合わせて点滅する発光ダイオードの光が照射するわけで、 そこで、パターンの黒白 (7段の縞模様 - 7オクターブ)の数と光の点滅の回数が
一致した時、 ストロボ現象によって回転するパターンが静止して見えます
チューニングが楽しくなります。



用 途

* クラリネット、フルート、オーボエ、トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ、そして、その他吹奏楽器の正しいピッチの吹鳴の練習、
  及び音感の訓練に

* オーケストラ、吹奏楽団、そしてアンサンブルの迅速で、正確なチューニング及び日々のトレーニング
 
 
                     

* 楽器の設計、製造、そして修理・調整に

* 音楽大学の授業、研究に 

* ピアノ調律師養成学校に

* コンサートホールの備品に
 

 
- ノードはその機能を楽しめるチューナーです-


ノード・ストロボチューナーは吹奏楽指導者 (ノードは先生の信頼できる良きアシスタントです。活用法の一例として、演奏前、各パートのピッチを
確認するべく、本機を生徒には見えないように指導者側に向け、それぞれ生徒の出す音を先生はストロボ・パターンの動きを見ながら音の高低を
チェックしていきます。先生はその時、下記微調節ダイヤルを使えば上下何セントのズレがあるのか直ぐに分かります。 ズレの許容範囲はあると
思いますが、Just in tune がベストです。)、オーケストラ、吹奏楽団、音楽隊、さらには楽器ビルダー、技術者(調律師)、そして楽器メーカーに
最適なチューナーです。発売以来、多くのメーカーが愛用しています。


微調節ダイヤル
(Rotary Vernier dial)
<ピッチエラー(誤差)を 1セント単位で測定
(参考:設定ピッチが440の場合、+4セントでピッチは441.02Hzになり、
-4セントで438.99Hzに、また +8セントで442.04Hzに、そして-8セント
で437.97Hzになります。即ち、4セントのズレでピッチは約 1Hz上下し、
それぞれ 441, 439, or 442, 438Hzになります。) 
                                            
          



ある音を出した時に該当するパターンが左右どちらかに動いている時に上の微調節ダイヤルを回してその動きを静止させます。(実際には静止した
ように見える。) その時にダイヤルの
赤い矢印が示す目盛(セント)が誤差(ピッチ・エラー)です。 逆に、設定されたピッチより高めに、又は低めに
チューニングしたい時は、 その位置に微調節ダイヤルを回せば本器はピッチ校正(キャリブレーション)されたことになり、その位置でパターンが静止
するようにチューニングします(低音楽器は数セント低めに ..............)。ピアノ調律の場合に
ストレッチカーブ(調律曲線)に沿って調律するときにこの
活用法が大いに役に立ちます。 矢印を 0 の位置に戻せば元の設定されたピッチに戻ります。
米国の多くのバンドディレクターがこの微調節ダイヤルを上手く活用しています。


標準価格 : \460,000(税抜) / \483,000(税込)

販売価格、納期についてのお問い合わせは下記までご連絡下さい


国内販売代理店
東部楽器卸商組合員)
有限会社 森園貿易  
埼玉県川越市仙波町3-16-13 ウエルズ21 川越A-6
Tel : 049-229-3605
morizono@morizono.co.jp
(アフターサービスは責任をもってご対応させて頂きます。)

海外販売代理店
北米・中南米、欧州

Peterson Electro-Musical Products, Inc
ピーターソン
(米国では多くのスクールバンドがノードを愛用しています
。)
中国・台湾、東南アジア
Sanki Trading Co. Ltd.
(株) 三輝通商

English

製造元
株式会社 ナガノ計装 (長野計器 グループ)